こだわり商品生活

こだわり商品生活

「こだわり商品生活」というタイトルで、こだわり商品研究所の使い方をご紹介します。
このページをご覧いただくことで、こだわり商品研究所の基本の商品にはどんなものがあるのか、ご理解いただけるように書きます。
こだわり商品研究所のテーマは、自然派&エイジングケア
毎日の生活に取り入れていただきたい商品ばかりを揃えています。
20年の商品研究の中で厳選した、それぞれの分野の「イチオシ商品」ばかりをご紹介しています。

 

ヘアケア・・・髪サラサラ

こだわり商品研究所のヘアケアのテーマのひとつは、「髪サラサラ」です。
髪の調子が良いと、1日の気分が良いものです。「ブラック・ナチュラル・ヘアソープ」と「なのサラロゼ」という2つの基本の商品があります。

●シャンプーは、ブラック・ナチュラル・ヘアソープ


こだわり商品研究所の代表的な商品です。
20年間、人気NO.1の商品になります。
シャンプーだけで、髪がサラサラになります。
リンス・トリートメントは必要ありません。
ぜひブラック・ナチュラル・ヘアソープをお試しください。
こだわり商品研究所は、定期コースを採用していませんが、10年以上ご愛用いただいているお客様が多いシャンプーです。

 

●ヘアローションの「なのサラ ロゼ」。


ワンランク上のサラサラ感を実感していただけます。
椿油、オリーブオイル、ローズウォーターが原料ですが、驚くなかれ界面活性剤を使用していません。
界面活性剤を使用せずに、水と油を混ぜ合わせているのです。完全無添加です。こういう商品は他にありません。この技術を持つ会社をわたしは他に知りません。
使用していただくと自然なサラサラ感を体験していただけます。
ブラック・ナチュラル・ヘアソープとの相性も抜群です。
完全無添加ですから、スキンケアとしてもご利用いただけます。

 

自然派スキンケア

「敏感肌です」というご意見を伺うことが多いです。敏感肌でなくても、毎日お肌に直接使用するものですから、自然派のスキンケアを選びたいものです。ただし、自然派スキンケアもたくさんの商品があります。どれを選んでいいのかわからない人も多いと思います。こだわり商品研究所が、自然派スキンケアを選ぶにあたって重要視しているのが、自社研究、自社開発、自社工場の自然派スキンケアです。製品の隅々まで、こだわりが行き届くのです。※詳しくは、このページで説明しています。
じつは、この条件に合う自然派スキンケアメーカーは、驚くほど少ないのです。
その中でも、歴史ある、信頼できる、品質の高い会社を選びました。
どちらのスキンケアも、自然派スキンケアの中でも非常に優れたレベルの商品です。

●「ルバンシュ」は、こだわり商品研究所で20年ご紹介をしている自然派スキンケアです。


食べられる成分だけでつくられたスキンケアのメーカーです。(一部違う商品もあります。)石川県の会社です。食べられる自然派スキンケアのパイオニアの会社です。
ただ自然派であるだけでなく、機能性にも優れています。使用感も素晴らしい。
まずは、ルバンシュからお試しください。

 

●「クオン」は、完全無添加・化学成分完全フリーの自然派スキンケアです。

クオン
クオンの素晴らしいところは、主原料を自ら発掘するところから始めていることです。奈良の大和で、農薬はもちろん、肥料も与えず、耕さないという、自然に近い状態で栽培する自然農でつくられている大和茶などをキー成分として使用しています。哲学のある自然派スキンケアメーカーです。もちろん使用感も素晴らしいですし、香りも癒されます。

 

 

昔ながらの製法でつくられる石鹸

昔ながらの製法でつくられる石鹸をご紹介しています。
こだわり商品研究所の一番人気せっけんは、マルセイユ石鹸ビッグバーです。

●300年の歴史を持つオリーブオイル石鹸「マルセイユ石鹸ビッグバー」。

マルセイユ石鹸ビッグバー
探している人が多い石鹸です。この石鹸が本物のマリウスファーブル社マルセイユ石鹸ビッグバーです。2.5kgもある石鹸ですから、カットして使います。オリーブオイルが原料。使用感は最高です。つっぱらず、しっとり感が残ります。一度使い始めると、他の石けんが使えなくなる人が多くいらっしゃいます。20年以上リピートのお客様が多くいらっしゃいます。

 

●まるは油脂化学の「生石鹸NAMA」。


これも、昔ながらの石けんです。こだわりの石けんメーカーで、なんと90日もかけてつくられます。長期間乾燥させますから、カタチも不揃い。「ザ・石けん」といった石鹸になります。

●「しっとり白い石鹸」は、老舗石鹸メーカー エスケー石鹸ががつくった石鹸です。


この製法は昔ながらの製法ではないのですが、石鹸メーカーの技術を駆使してつくられた、とても泡立ちの良い優れものです。

 

オーラルケア

いうまでも無くオーラルケアは、大変に重要です。
歯垢を含めた汚れをしっかり落とすこと。そして、デリケートな口腔内ですから、刺激が少ない商品を選ぶことです。

●ハブラシは、「ソラデーN4」。

ソラデーN4
ハブラシのポイントは歯垢を落とすことだと思います。
ソラデーは、電子のチカラで歯がツルツルになります。
これは画期的なハブラシです。歯医者さんに行った後のようなツルツル感を実感できます。
ご使用をおススメします。

 

ハミガキは、デリケートな口腔内ですから、刺激のすくない商品を選びたいものです。石鹸系、無添加系のハミガキを選んでいます。

●定番は、「ファミリーハミガキ」。

無添加せっけん系ハミガキの草分けです。石けん系ハミガキをいろいろ取り寄せて、その中でイチバン磨き心地が良かったはみがきです。エスケー石鹸は石けん系のメーカーとしては珍しくハミガキ工場を持ちます。だから、石けん系ハミガキのノウハウがあるのです。

●エナメル質が気になる方、電動歯ブラシを使っている方は、ジェルタイプの「ナチュラルせっけんハミガキジェル」が良いかもしれません。

ナチュラルせっけんはみがきジェル

ジェルはみがきですが、磨き心地はとても良いです。歯もツルツルします。

 

●舌苔ケアも大切です。

ダブルワンネクスト
口内フローラを整えるためには、舌苔ケアは欠かせません。
舌ブラシの「ダブルワン」。
舌に刺激が少ない舌ブラシです。舌苔を掻き出すのではなく、絡め取ります。
これほど、舌表面に優しい舌ブラシは珍しいと思います。

 

 

無添加だし

毎日のお味噌汁などに使う「だし」は、無添加系を揃えています。
この場合の無添加とは、主として化学調味料を指します。
「酵母エキス」という味を調える成分があります。食品添加物ではなく、食品に分類されます。
「酵母エキスは」煮出すことができない顆粒タイプにはやむを得ないと考えています。
ただ、煮出すことができる「だしパック」には、酵母エキスを使用しない商品を選んでいます。

●便利な顆粒タイプは、スカイフードのだしシリーズがおススメです。

だしシリーズ
忙しい朝の食事の場合、やはり顆粒タイプが便利です。わたしは、このシリーズの「和風だし無塩タイプ」をずっと使用しています。

 

●煮出すことができる、「だしパック」タイプでしたら、「十二単」。


自然派だしのプロである、マエカワテイストの製品です。
酵母エキスを使用しない「完全無添加だし」です。

●完全無添加の「だしパック」は、味が薄く感じることが多いです。
そんな場合、昆布のグルタミン酸たっぷりの「昆布たっぷりだしパック」がおススメです。


北海道立工業技術センターの「だしパック」研究の結果開発された商品です。
これは逸品です。うどん、おでん、鍋など「だし」の味で楽しむ料理には特におすすめです。

 

主食である穀物と一緒に食べる(雑穀・大麦など)

主食であるお米は、そのまま炊いて白米として食べるのも美味しいですが、雑穀米や大麦を混ぜて食べれる商品をご紹介しています。
白米だけでは食べることができないいろいろな栄養素、食物繊維などを主食から摂取することができます。お米のサプリメントだと思います。

●ごはんは、「十六雑穀米」を混ぜると栄養価がアップ。

十六雑穀米
抗酸化栄養素を始め、多くの栄養素を主食の中で食べることができます。
元祖雑穀米です。とっても美味しいのが特徴。

 

●水溶性の食物繊維が豊富な「スーパー大麦バーリーマックス」。

バーリーマックス
オーストラリアで10年かけて開発された、スーパーフードです。
食物繊維量が圧倒的に多いく、大腸の奥まで届きます。

 

 

良い油を使う

脳の65%は、油。60兆個の細胞の細胞膜は油です。
だから良い油を使うことが大切です。
良い油の代表が、オメガ3。オメガ3の油としては、えごま油、アマニ油などがありますが、こだわり商品研究所では、えごま油をご紹介しています。
そして、オメガ9のエキストラバージンオリーブオイルをご紹介しています。
加熱調理用として、ココナッツオイルもご紹介しています。

●オメガ3を意識的に毎日食べるのが、特に重要です。
すべての人に必須の栄養素です。
そのオメガ3を食べるためには、魚を食べる。そして「えごま油」です。
奥出雲えごま油 えにしの雫」をご紹介しています。

えごま油
国産、無農薬、低温圧搾生搾りの一番搾り、未精製のエキストラバージンオイルです。
とても酸化しやすい油ですから、小容量50mlが適切と考えています。

 

現代生活は、オメガ6過多です。
意識的にオメガ6、例えばリノール酸の使用を減らすことが大切です。

そのため調理油として、ココナッツオイルと、オリーブオイルをご紹介しています。

●ココナッツオイルは、独特の香りが少ない「プレミアムココナッツオイル」。


ココナッツオイルは、飽和脂肪酸ですから熱に強い。
しかも、中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。
中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸の4倍速くエネルギーになると言われています。

 

●もうひとつ熱に強い油がオレイン酸です。オメガ9です。
その代表格が、エキストラバージンオリーブオイル。
エグレヒオ」をご紹介しています。

エグレヒオ

日本に入ってきているエキストラバージンオリーブオイルは、80%が品質に偽りありと言われています。
エグレヒオ」は、オリーブジャパン2015年最優秀賞、2016年金賞、2017年金賞と、連続受賞している本物のエキストラバージンオリーブオイルです。
もちろん、素晴らしく美味しい。

 

 

抗酸化栄養素を毎日の食生活に

身体はサビますから。エイジングケアを考えた時に重要なのが抗酸化。
抗酸化食品を食生活に取り入れるのが大切です。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、カロテノイドなどです。毎日の食生活の中に、無理なく取り入れやすい商品を選びました。
抗酸化栄養素は、1種類ではなく複数種類の抗酸化栄養素を万遍なく食生活に取り入れるのが良いと言われています。

●抗酸化栄養素と言えば、ルイボスティー。

オーガニックルイボスティー」を毎日飲むお茶にすると、毎日無理なく抗酸化栄養素が摂取できます。クセが無くてとても美味しい、ノンカフェインです。煮出すタイプがおススメです。商品としては、オーガニックルイボスティーの草分けの商品をご紹介しています。有機JAS認定商品です。

●トマトのリコピンも代表的な抗酸化栄養素。
ご紹介しているのは、リコピン8倍の「シシリアンルージュ」。

シシリアンルージュ
北海道上川町でつくられた、有機JAS認定商品です。
そのまま飲んでも良いですし、グルタミン酸3倍ですから料理に使ってもとても美味しい。
リコピンは脂溶性ですから、油と一緒に食べると吸収率がアップ。
シシリアンルージュとオリーブオイル、えごま油を合わせて、ドレッシングにしても美味しいです。
塩、コショウ、お酢などで味付けすると、お好みの味に。
容器はガラス瓶ですから、酸度のあるトマトに最適です。

 

●ブルーベリーのアントシアニンも代表的な抗酸化栄養素。
ご紹介しているのが、北米のオーガニックワイルドブルーベリーのペースト。

オーガニックワイルドブルーベリー
2.5倍濃縮ですから、ほとんど食べるサプリメントです。
ヨーグルトに混ぜて食べるのが美味しい。

●ゴマリグナンも重要な抗酸化栄養素です。

ねりごま黒
国内で使う胡麻は、99.9%が輸入ということをご存知ですか?国産の胡麻は、わずか0.1%です。希少な存在なのです。
その貴重な国産の黒胡麻の練り胡麻をご紹介しています。
ねりごま黒
これも、ヨーグルトにかけて食べるのが美味しいです。