アルカリウォッシュプラスの 使用法・使用感

1アルカリウォシュプラス

新しい洗濯用洗浄剤が仲間入りしました。

こだわり商品研究所で、おなじみのアルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)は、ご存知の方も多いかと思いますが、掃除や洗濯に使えるすぐれものですよね。
界面活性剤を使用せず、肌や環境にやさしく、マスコミでも何度も取り上げらている商品です

 

「地の塩社」がそのアルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)に4種類の酵素を配合し、新しい洗濯用洗浄剤を開発しました!

肌の弱い方、環境問題を意識して生活していらっしゃる方には特におすすめの商品です。

 

 

アルカリウォッシュプラスは従来のセスキ炭酸ソーダに比べ、洗浄力が高くなっています。

・タンパク質分解酵素
・でんぷん分解酵素
・油脂分解酵素

これらを加えたことによって、アルカリウォッシュで落としきれなかった、タンパク汚れ、汗シミ、油汚れなどを除去することができるようになりました。

arupura3

 

ふんわりと仕上がります。

セルロース分解酵素は、繊維表面の毛羽立ちなどを滑らかにし、衣類やタオルの風合いを向上させます。
柔軟剤は必要ないくらいです。
肌が弱く柔軟剤を使わない方には、アルカリウォッシュプラスでの洗い上がりの肌触りは、なおさら嬉しいと思います。

 

洗濯物にイヤなにおいがつきません。

天然ユーカリ油配合によりスッキリとした香りがあります。洗っている最中から洗い上がりまで、清潔感ある香りです。

 

すすぎは一回でOK!

少量で泡を立てず洗い上げることができ、すすぎは一回でOKです!
川や海への負荷も少ない、経済的にも環境的にも嬉しい洗浄剤です。

 

 毎日使ってみて…

●気持ち良くキレイに洗濯できています。
洗濯機で普通に洗うだけで、通常の汚れ、汗の匂いがスッキリ落ちます。

●雨の日に部屋干しをしてもイヤなニオイがつきません。

●洗濯物が乾いた後の肌触りは、柔らかく気持ちいいです。特に新しいタオルでふんわり感を実感しました。

●私は(子どもも含め)肌が弱く、一般的な合成洗剤を使うと痒くなってしまうので、「なにがなんでもせっけん」を常用していました。
「なにがなんでもせっけん」は、肌にやさしいのですが、頑固な汚れや汗のにおいなどが落ちにくいという弱点があります。
その点、アルカリウォッシュプラスの方が洗浄効果、汗のにおいを落とす効果がだいぶ高いと思います。
一ヶ月のコストを考えると、アルカリウォッシュプラスの方が経済的なので、しばらくこちらを使い続けてみようかと思っています。
「なにがなんでもせっけん」は、台所食器洗い用、浴槽洗い用にするつもりです。

●ワイシャツの襟についた汚れやワキの汗シミも落ちやすいです。
特に頑固な汚れが気になる時は、あらかじめつけ置きをしたり、軽くもみ洗いをしてから洗濯機で洗うといいです。
過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を併用するのも、抜群の洗浄効果を発揮できる方法です。

●袋の中に計量スプーンが入っています。
中に潜ってしまうことがあるので、使用のたびに袋の外で保管しています。
付属品はスプーンの柄が短いので、百均で買った、もっと柄の長い物を使用しています。

●粉末ですが水にすぐ溶け、衣類に残ることがないです。

●すすぎの回数が減ることにより、水道代が節約でき、嬉しいです。

●環境問題を改めて考えるきっかけとなりました。

 

一袋 500g入り680円です。

使用量は、水量60Lに対して15g~20g(付属スプーン約3~4杯)です。

毎日60mlの水量で洗濯をしたとして、一袋で33回~25回(約1ヶ月)使用できます。

毎日の洗濯だからこそ、肌と環境に良い物を使いませんか ♪

 

★アルカリウォッシュプラス

1アルカリウォシュプラス

 

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る