知らないと損?抗酸化栄養素豊富な健康茶

headcatch

 

今月から、こだわり商品研究所に
ルイボス・ライト」という商品が新しく仲間入りしました。

これはルイボスティーの世界的トップメーカーである
“ルイボスリミテッド” に日本の代理人であるクリントン・ガスさんに、
先月のオーガニック展示会で久しぶりにお会いした所長が、
詳しく説明を聞いて感動した商品です。

 

「ルイボス・ライト」は非発酵タイプで、総ポリフェノールが
従来の発酵タイプの物に比べて2~4倍高いそうなのです。

 

rooibos_lite_01

 

(もちろん普通の発酵タイプのルイボスティーでも、ポリフェノールが多いです!)

 

ポリフェノールとは、皆さま良くご存知の抗酸化栄養素ですね。

現代の生活では、大気汚染や紫外線、食品添加物、電磁波、ストレスなど
数えきれないほどの様々な要因によって、体内で活性酸素が発生し、
身体が酸化しやすくなっています。

 

活性酸素は、肌や身体を老化させたり、様々な病気の引き金となると
いわれています。

 

そうならないために、抗酸化栄養素を積極的に摂る必要がありますね。

 

抗酸化栄養素の含まれる食品はいろいろありますが、
一番簡単に長く確実に続けやすいものがルイボスティーなのでは?
と思います。

 

「健康生活の基本」 「知らないと損」 と言えるくらいの
価値のある物だと所長は話してました。

 

ルイボスティーは、こだわり商品研究所で創業当時からご紹介していて、
所長は20年近く、私も数年ですが毎日飲んでいます。

 

飲んですぐ効果が出るとか、目に見えてすぐ何かがわかる
という物ではないかもしれませんが、だからこそ、
目に見えない活性酸素という物に対しての意識を持つことが
必要なのではないかと思います。

 

長く時間が経って、大切さが良くわかる物なのだと思います。

 

ルイボスティーは、ノンカフェイン、
低タンニン(苦味や渋みがなく、体内への鉄分吸収を妨げません)なので、
赤ちゃんからご年配の方まで、幅広い年代の方どなたにも
お楽しみいただけます。

 

rooibos_lite_06

 

飲みやすく飽きのこない味で、朝から晩までどんなシーンでもOKです。

私は煮出すタイプのルイボスティーを毎日作り、
高校生の息子にも水筒に入れて持たせています。

スポーツにも合います。

日中喉が乾いた時や、どんな食事の時でも美味しいです。

温かくても冷たくても、どちらでも!

お茶漬けにしたり、ウイスキーや焼酎を割るのも美味しいです。

 

rooibos_lite_04a

 

ルイボスティーは、カフェインが入っていないので、
夜飲んでも眠れなくなる心配がないのが嬉しいです。

さて、総ポリフェノールが2~4倍という新しい「ルイボス・ライト」を
私も飲んでみました。

 

発酵タイプの物が少しまろやかな味なのに対して、
ルイボス・ライトは少しキリッとした味です。

どちらかというと、日本茶に近いように感じました。

 

rooibos_lite_05

 

(感じ方は人それぞれですね。)

 

普通のルイボスティーと同じように、どの食事にも合うと思います。

中華や揚げ物など、油の多い食事には
ルイボス・ライトの方が後味がスッキリすると私は思いました。
こだわり商品研究所でご紹介しているルイボスティーは、
これで4種類になりました。

 

☆煮出すタイプの「オーガニック ルイボスティー」

 

rooibos_500

 

 

☆ティーバック式の「Gass オーガニック ルイボスティー」

rooibos_350

 

「Gass 生姜ルイボスティー」

syouga_350

 

「Gass ルイボス・ライト」

 

cart_03

 

どれも、有機栽培で作られた最高級の品質の物です。

 

この4種類は、お客様の生活スタイルに合わせて
お選びいただくのが一番だと思います。

 

● 煮出すタイプの「オーガニックルイボスティー」は、
1パックでたくさんの量(1~3L)を作れるので経済的です。

 

niru

作って冷蔵庫に入れておくといいです。

一日に何度も飲めます。

1パックわずか60円です。(計算してみて安さを改めて認識しました!)

ミネラルウォーターを飲むより安くて、なおかつ健康的で美味しいです。

 

御家族皆さんで楽しめますね。
☆ティーバッグ式は、作る手間がないので、いつでも気軽に飲めます。
●  「Gass 生姜ルイボスティー」は、身体を温めたい方に適しています。

● 発酵タイプ「Gass オーガニック ルイボスティー」は、
まろやかなルイボスティーなので、ホッとしたい時に飲みたい味だと思います。

● 非発酵タイプ「Gass ルイボス・ライト」は、少しキリッとしたルイボスティーで、
気分をリフレッシュさせたい時に適しているのではないかと思います。

 

いずれにしても、どのルイボスティーもクセがなく、さっぱりしているので、
一日のどの時間帯でも飲みたいお茶です。

 

抗酸化栄養素は、一日の中でまんべんなく身体に入れている状態がいいそうです。

 

私の個人的な使い方は、
煮出すタイプの「オーガニックルイボスティー」を、今まで通り家族皆で飲み、
「ルイボス・ライト」は、総ポリフェノール2~4倍という点がとても魅力的なので、
日中仕事の合間に飲もうと思っています。

 

是非、御自分にピッタリな種類をお選びいただいて、
抗酸化栄養素の豊富なルイボスティーを毎日の健康生活に
お役立て下さいね(*^^*)

 

ルイボスライト

cart_01

記事:石井

nigao_MisIshii_loupe

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る