有機JAS認定 オーガニック・ワイルドブルーベリーのペーストが美味しい!

オーガニックワイルドブルーベリー

「プルーンエキス」という商品を食べたことありますか?
いろいろな会社から、プルーンエキスは出ております。
ジャムのようなビンに入った商品ですね。
 

このプルーンエキス、お湯に溶かして飲んでも美味しいですし、
パンにジャムのように塗って食べても美味しい。
そのまま舐めても美味しい。
料理にも混ぜられる。
いろいろな食べ方ができて、興味深い商品だなと思っていました。

 
こういう形状でブルーベリー果実の商品があったら面白いのに・・・、
とずっと思っておりました。

・・・その商品が新発売されたのです。
今回ご紹介する「オーガニックワイルドブルーベリー」です。

 

業務用フルーツ加工の大手、デイリーフーズが開発した商品です。

ワイルドブルーベリーは、北米の野生種のブルーベリーです。
ブルーベリーには、野生種と栽培種があります。
比較データを見ると栽培種に比べて、アントシアニンが多く含まれます。

オーガニックワイルドブルーベリー

しかも、希少品であるオーガニックのワイルドブルーベリー。
これを2.5倍に濃縮してペースト状にした商品になります。

ブルーベリーのサプリメントは、人気がありますが、
今回の商品の良いところは、食事として食べられる、です。

ドリンクにしたり、パンに塗ったり、ヨーグルトに混ぜたり・・・

ブルーベリーの美味しさを味わいながら、
抗酸化栄養素「アントシアニン」を摂取することができます。

他では、見かけない商品です。

ヨーグルトとも合う

こだわり商品研究所が商品を選ぶ際の基準はいくつもありますが、
とくに食品関係で重要なテーマとしているのが「抗酸化栄養素」です。

老化の原因のひとつは、カラダの酸化です。
カラダを酸化させる大きな原因がフリーラジカル。

このフリーラジカルを減らすために、
抗酸化栄養素を日常的に食べることが良いとされています。

アンチエイジングを研究してらっしゃるお医者様の本には必ず、
かなりのページを割いて「抗酸化栄養素を食べましょう」と書かれております。

 

抗酸化栄養素には、いろいろあります。

有名なところで、

リコピン、βカロテン、アントシアニン、カテキン、
イソフラボン、クルクミン、ショウガオールなどがあります。

色素系・色のついた栄養素が多いですね。
緑黄色野菜を毎日食べるのが重要という理由のひとつも「抗酸化栄養素」です。

ですから、こだわり商品研究所では、抗酸化栄養素を含む食品を意識的に選んでいます。

例えば、ルイボスティー、黒豆エキス、人参ジュース、
青汁粒、金時しょうが粉末、雑穀米、レスベラトロール、
ごぼう茶、ビタミンC、コエンザイムQ10等々がそれにあたります。

いろいろな抗酸化栄養素を毎日食べることが大切なのですね。
  
 
そんな中に、今回 「ワイルドブルーベリー」が加わりました。
ブルーベリーのアントシアニンは、代表的な抗酸化栄養素。

しかも、日本ブルーベリー協会の方と話をしてきたのですが、
ブルーベリーには、なんとレスベラトロールが含まれることもわかってきたそうです。

ぜひ、毎日の食生活に加えてみてください。

★オーガニックワイルドブルーベリー

オーガニックワイルドブルーベリー

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る