こんな美味しい人参ジュース飲んだことありますか? <2014年収穫>

ninjin_1

今年も「春まち人参ジュース」の季節がやってきました。

標高900メートル、森林率90%、美しい水、新鮮な空気、豊かな土・・・。
岐阜県 ひるがの高原 の名産品。

秋に収穫できるにんじんを、雪の下で冬の間中、寝かせました。
すると、にんじんは、自ら凍らないようにするために、糖度を蓄えます。

越冬前は、糖度が7.5度前後だったものが、越冬後は10.6度前後までアップします。

ninjin_2

こうして生まれた「春まちにんじん」。
これを絞って、美味しいジュースにしました。

ただ、春まちにんじんを絞っただけです。
それが、春まちにんじんジュース。

春まちにんじんの生産者の皆様のご紹介はこちら。
http://www.gujo.co.jp/nouka.html

こだわり商品研究所で、ご紹介を始めて、今年で5年目になりました。

5年前にある展示会で出会ったの始まり。
飲ませていただいて、あまりの美味しさにびっくりしました。
まるきりフルーツジュースです!

じつは、雪の下で冬を越させる人参って、いくつかの地方で行われているのです。

春まちにんじんジュースをご紹介を始めてからも、いろいろな場所で、同じような製法の人参ジュースに出会うたび、飲み比べをしてきました。

どれも雪の下で育てることで、糖度が高くなっておいしくなります。

しかし、ひいき目かもしれませんが、ひるがの高原の春まちにんじんジュースが、やっぱり美味しいです。

ひるがの高原の自然環境の豊かさが、人参を美味しくするのでしょうね。

ninjin_3

このジュースの味は、人参ではないですよ。
お子様に飲ませたら、いっぺんに人参嫌いでなくなりますね。

ただし、ひとつ欠点が・・・。

それは、季節限定なのです。
今年は、あまりたくさんの量ができなかったそうです。
ですから、今年は7月末頃でなくなりそうです。

今、お出しできる春まちにんじんジュースは、3月に収穫して、4月上旬に生産したものです。
できたてほやほや。
ひるがの高原 春まちにんじんジュース

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る